RSS | ATOM | SEARCH
瑕疵担保保険
 今日、偶然昔からのお客様と出会ったら、ご家族がマンションを購入されるらしく「10月1日から新しい法律が出来たらしいですね、正式にはなんて言う法律でしたっけ」と、尋ねられました。「『住宅瑕疵担保履行法』ですが…」「それだ!難しい名前ですね。」「これでも略称なんですよねぇ…。」
 これまでも「品確法」という法律で、新築住宅には構造や雨水の侵入する部分の10年保証が義務づけられていましたが、この法律では、業者が倒産したり、瑕疵と認めなかった場合には、裁判などの手段をとるとか、かなり対処方法が難しくなる場合が有りました。
 折角10年保証と言っても、その実効性が充分でないケースがあり得たため、今回の新しく「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(通称−住宅瑕疵担保履行法)」という法律が制定され、新築住宅を建てたり、販売する住宅供給業者は『瑕疵担保保険』に加入が義務づけられたわけです。これによってお施主様にとっては大まかに2つのメリットが有ります。
(1)住宅会社が倒産しても、瑕疵が認められれば、保険から2000万円まで、補修のための工事費が支払われる。
(2)瑕疵かどうかで争っている間も、無料相談を受けられたり、各都道府県に設けられた弁護士会による斡旋や調停を、比較的低額で受けることができる。
 これによって住宅建築に安心な制度が整った訳ですが、出来るだけ保険のお世話にならず、無事に過ごしたいもの。それにはやはり、お施主様には家造りのパートナーとして実績のある建設会社を選んで頂き、任された側は信頼に全力でお応えする事!ですね。

参照:住宅瑕疵担保履行法-国土交通省
   財団法人住宅保証機構
   住宅サーチ 初めてのマンション購入 トレンドウォッチ
   よなはら家の古民家日記 住宅瑕疵担保保険

↓ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
author:kura, category:建築豆知識, 00:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。