RSS | ATOM | SEARCH
大工育成塾
 今年は大工育成塾から、泥 正輝君を塾生として迎えました。東京での入塾式からもうすぐ1ヶ月となり、少し落ち着いてきたところです。体格もたくましく、気働きのある青年で、二十歳を少し過ぎたばかり、昔はもっと早く修行を始めましたが、現代としては最も良い時期の進路選択だと思います。これから3年間の新たな体験は、体力と智力の両方を要求される大工職の基礎作りですから、毎日大変なことでしょうが、頑張ってもらいたいと思います。
 当社では先輩の安井君が育成塾卒業後も、引き続き現場で頑張って、頼もしい戦力になってくれています。彼らの若いパワーを生かして、一棟でも多くの在来木造の良さを伝え、“幸せな家庭環境をつくる”住宅を建設してゆきたいと思います。
 大工育成塾は国土交通省の支援の下に(財)住宅産業研修財団が主催する大工職人の育成プログラムで、塾生が集合して行う講義と、受入工務店の指導棟梁の下で「現場修業」(個別実技指導)による研修を行います。 塾生は、教室講義もあるので一定の授業料も必要ですが、研修に対しては手当てもあり、有り難い制度だと思います。

大工塾
入塾式の塾生の決意

泥乾杯
式も終わって、懇親会で乾杯です!確か二十歳は過ぎてたハズ。

社長と泥
実習初日、第一歩はまっすぐに釘を打つ!そして自分の道具箱を作ります。
釘をまっすぐ打つのは簡単に見えてスピードアップは難しく、これも鍛錬です。


 もちろん普段ハッピを着ているわけではありませんが、我々が若い時分にハッピを着て作業をした最後の世代です。これを着ると、村ではもちろん相当の都会でも木造家屋が大部分だった、のどかな時代を思い出します。自転車の後ろに道具箱をくくりつけて現場に行った頃が懐かしい。



 旗
  ホーミー教室では住まいの知恵を楽しく学びます。
  こちらの《お問い合わせ》をクリックしてご記入頂くか、
  お気軽にTEL 072-688-1778までお電話下さい。
  日曜・祝日も受付しています。


  ↓ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログへ
author:kura, category:大工と住まい造り, 02:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。